本文へスキップ

法律翻訳のエキスパートが、ご提供する公文書・契約書・法律翻訳専門のリーガル翻訳事務所

認証謄本Certified True Copy

公文書翻訳・契約書翻訳・法律翻訳サービス

公文書翻訳・契約書翻訳・法律翻訳のリーガル公認翻訳サービスに携わるリーガルトランスレーション栄古堂-リーガル翻訳事務所では、アメリカのATA、オーストラリアのNAATI有資格者を中心としたプロフェッショナル・トランスレーターやパラリーガルのチームを結成し、翻訳業務範囲を公文書翻訳・契約書翻訳・法律翻訳に特化し、法的専門性の高い文書の高品質な翻訳、アメリカのATA、オーストラリアのNAATI有資格者による翻訳証明書の認証及び公証役場、大使館の公証取得サービスを低価格でご提供させていただいております。国際翻訳家連盟( Federation of International Translators略称FIT)の正会員で認定プログラムを確立した翻訳者・通訳者の団体に所属する公文書の翻訳に於ける資格あるプロの翻訳者 (Authorized Translator) が翻訳文を認証します。リーガルトランスレーション栄古堂-リーガル翻訳事務所は、世界のトップランナーを維持するため日夜努力を重ねる日本企業の信頼できるパートナーとして「法律翻訳」、「契約書翻訳」、「公文書の公認翻訳」に於ける一層のサービス向上を目指します。

Certified Copyとは?

Certified copy(サーティファイド・コピー)とは、字義的には「認証謄本」つまり原本の認証付きのコピーという意味になります。認証者は提出先の国の受理機関により規定されることがあります。公証人は、原本を確認した上で内容の全部のコピーを撮り、原本と相違ない旨の認証文を付し、公証人の署名、職印を押印します。又は、公証人の立ち会いのもとで、特定の資格者が認証文、署名を付し、公証人の職印を押印します。卒業証書・学位記の翻訳に卒業証書・学位記の原本を添付することができませんので、代わりに認証コピーを添付することがあります。

  • パスポートの写真のページ、外国の大学などの英文の卒業証書や免許証等もCertified Copyを得てオリジナルの代わりに用いることがあります。 公証役場ではパスポートのCertified Copyを作ることができませんので、当方にてパスポートの記載内容に関する宣誓書やパスポートコピーを添付した翻訳証明書を作成してから公証役場の認証を取得致します。
  • 市役所、区役所などで入手する戸籍謄本や住民票などは、コピーを撮ると「複製」、「コピー」や「COPY」の文字が背景に現れます。コピーを撮る前の戸籍謄本や住民票は、一見原本のように見えますが本当は、オリジナルではなくてCertified copyです。ですが、お客様に説明する時にリーガルトランスレーション栄古堂では、 PDF等と区別する為、分かりやすく「原本」又は、「書類のオリジナル」と述べることにしております。

  • 運転免許証の英訳サンプル
    (By a certified translator of Legal Translation EIKODO)

    公認翻訳者による翻訳証明

    カナダ永住権申請のための「戸籍謄本」及び「改製原戸籍謄本」の翻訳につきましては、カナダ移民局によると、「公認翻訳者(certified translator)」による翻訳であることが求められています。 パスポートカナダのホームページの説明文によると、公認翻訳者とは、権威ある翻訳者協会の会員資格により裏打ちされた翻訳スキルを有する翻訳者のことであることが分かります。 従って翻訳証明には、公認翻訳者の肉筆署名による認証、翻訳者のスタンプ、会員資格番号を付与する必要があります。