本文へスキップ

法律翻訳のエキスパートが、ご提供する公文書・契約書・法律翻訳専門のリーガル翻訳事務所

NASBA提出用の戸籍謄本の英訳

公文書翻訳・契約書翻訳・法律翻訳サービス

公文書翻訳・契約書翻訳・法律翻訳のリーガル公認翻訳サービスに携わるリーガルトランスレーション栄古堂-リーガル翻訳事務所では、アメリカのATA、オーストラリアのNAATI有資格者を中心としたプロフェッショナル・トランスレーターやパラリーガルのチームを結成し、翻訳業務範囲を公文書翻訳・契約書翻訳・法律翻訳に特化し、法的専門性の高い文書の高品質な翻訳、アメリカのATA、オーストラリアのNAATI有資格者による翻訳証明書の認証及び公証役場、大使館の公証取得サービスを低価格でご提供させていただいております。国際翻訳家連盟( Federation of International Translators略称FIT)の正会員で認定プログラムを確立した翻訳者・通訳者の団体に所属する公文書の翻訳に於ける資格あるプロの翻訳者 (Authorized Translator) が翻訳文を認証します。リーガルトランスレーション栄古堂-リーガル翻訳事務所は、世界のトップランナーを維持するため日夜努力を重ねる日本企業の信頼できるパートナーとして「法律翻訳」、「契約書翻訳」、「公文書の公認翻訳」に於ける一層のサービス向上を目指します。

USCPA (U.S. Certified Public Accountant)受験出願書類の認定証明付き翻訳

アメリカ向け戸籍謄本の公式英語翻訳書類の構成
以下の3種の書類を綴じて1セットにし、各ページに署名・認証印、又は割り印を押印します。

1.翻訳証明書(ATA Corresponding Memberの認証)
2.英訳(ATA Corresponding Member)
*Certified Copy of Family Register
3.戸籍謄本(原本)
※概算費用:10,000円
※公式翻訳を翻訳事務所から先方への書類到着が確認できるEMS(国際郵便)で直接、送付する場合は、
1.CPA試験のID番号
2.コーディネーターの電話番号
3.送付先の郵便番号、住所などの必要情報を前以ってお知らせください。