リーガルトランスレーション栄古堂

0466-86-5901
Email: kato@legal-translation.jp

English

パートナービザ戸籍謄本の英訳CERTIFIED TRANSLATION

公文書翻訳・契約書翻訳・法律翻訳サービス

公文書翻訳・契約書翻訳・法律翻訳のリーガル公認翻訳サービスに携わるリーガルトランスレーション栄古堂-リーガル翻訳事務所では、アメリカのATA、オーストラリアのNAATI有資格者を中心としたプロフェッショナル・トランスレーターやパラリーガルのチームを結成し、翻訳業務範囲を公文書翻訳・契約書翻訳・法律翻訳に特化し、法的専門性の高い文書の高品質な翻訳、アメリカのATA、オーストラリアのNAATI有資格者による翻訳証明書の認証及び公証役場、大使館の公証取得サービスを低価格でご提供させていただいております。国際翻訳家連盟( Federation of International Translators略称FIT)の正会員で認定プログラムを確立した翻訳者・通訳者の団体に所属する公文書の翻訳に於ける資格あるプロの翻訳者 (Authorized Translator) が翻訳文を認証し、適法に翻訳証明書 (Certificate of Translation) を発行します。リーガルトランスレーション栄古堂-リーガル翻訳事務所は、世界のトップランナーを維持するため日夜努力を重ねる日本企業の信頼できるパートナーとして「法律翻訳」、「契約書翻訳」、「公文書の公認翻訳」に於ける一層のサービス向上を目指します。

戸籍謄本のATA&NAATI認定証明付き翻訳

この分野の翻訳に於いても日本人とは全く異なる文化や宗教、習慣を持つ外国人に対する深い理解が大切です。 オーストラリア向けの戸籍謄本の翻訳は、すべての項目を忠実に完全なかたち(Complete and accurate translation)で翻訳します。とりわけ戸籍謄本の公式翻訳は、 外国のビザ申請に使用されるケースが多いと思います。書類を受理する担当者にとって読みやすい英訳は、ビザの 発給を短縮する効果もあると考えられます。リーガルトランスレーション栄古堂の戸籍謄本の英訳フォーマットは、The National Accreditation Authority for Translators and Interpretersの 複数の公証翻訳者(Fully qualified and accredited translators for legal)によりハンドメイドで雛形が構築され、 その後改訂を繰り返し今日に至っているものです。英語の表現は、考え抜かれたものとなっております。 NAATI認定証明書付き英訳をご依頼頂いた場合、翻訳証明書には、NAATI認定翻訳者のスタンプと肉筆署名が入ります。オーストラリアの公的機関に提出するための公証付き翻訳(Certified Translation)としてご使用いただけます。

English translations (Reference information from: A booklet (Design date 11/10) of the Department of Immigration and Citizenship of Australian Government) Documents in languages other than English should be accompanied by an English translation. If the applicant is onshore, the translation should be undertaken by a translator accredited by the National Accreditation Authority for Translators and Interpreters (NAATI). Failure to do so may significantly affect the processing of your application. Translations provided by non-accredited translators overseas should be endorsed by the translator with their full name, address, telephone number, and details of their qualifications and experience in the language being translated. Note: You must include both a certified copy of the original language document and a certified copy of the translated document with your application.

*オーストラリアのビザ申請で提出する英語以外の文書には、国家認定を受けたNAATI有資格翻訳者、又は、NAATI資格者と同等の国際レベルの翻訳資格者による英訳を添付することが必須条件となっています。これら2種類の翻訳資格の微妙な違いについて、在日オーストラリア大使館のホームページには次の通り記載があります。 「英語以外の文書には、正規の翻訳会社または翻訳者による英訳を必ず添付してください。英訳には翻訳会社の社用箋を用いるか正式な社印・証明を付記し、翻訳会社・翻訳者の連絡先を記載してください。翻訳者は申請者といかなる形でも関係していない第三者であり、申請者と同じ住所に居住していない人でなければなりません。国家認定を受けた翻訳者の一覧は、オーストラリア翻訳・通訳資格認定機関(NAATI) をご参照ください。なお、翻訳は文書の発行日を含めてすべて合致するものでなければなりません。」 上述の「国家認定を受けた翻訳者の一覧」を参照すれば分かりますが、国家認定を受けたNAATI有資格翻訳者の大半は、オーストラリア在住者です。翻訳資格の微妙な違いは、翻訳を依頼する翻訳者の居住地によるものです。オーストラリア国外の翻訳者であれば、NAATI資格は、必須条件では無くなります。仮に日本在住の翻訳者(リーガルトランスレーション栄古堂)に翻訳を依頼するのであれば、翻訳者は、翻訳者の氏名・住所・電話番号・翻訳者協会の正会員登録番号・保有資格を翻訳証明書に記載することによりNAATI資格と同等の国際レベルの翻訳資格保有者であることを証明することになります。 在オーストラリア日本国大使館では、治外法権によりオーストラリアの法制が及ばない場所にあるもとして扱われますので、日本在住の翻訳者と同様にNAATI資格が無くても公文書の翻訳、又は公証付き私文書の翻訳書類に対し翻訳証明書を発行することが可能となります。
オーストラリア向けの公式英語翻訳書類の構成
以下の3種の書類を綴じて1セットにし、各ページに署名・認証印、又は割り印を押印します。

1.翻訳証明書(ATA Corresponding Memberの認証)
2.英訳(ATA Corresponding Member)
*Certified Copy of Family Register
*Certified Copy of Invalidated Family Register
3.戸籍謄本、改製原戸籍謄本(原本、又は原本のスキャンデータ)

*割り印とは、認証印を各書類にまたがって押印し、3種の書類が一連の公式書類であることを証明するものです。
*オーストラリア学生ビザ取得用の資金証明書の英訳も同様に処理します。
*オンライン提出用として認証付きの公式翻訳のPDFファイルをメール添付で送付することができます。(PDF作成:500円/1部)

未成年者のオーストラリア渡航の際に必要となる親権者同意書及び戸籍謄本の認証翻訳

18歳未満の方が単独又は一方の親権者同伴でオーストラリア連邦へ渡航する場合、両親、または同行しないもう一方の親権者による渡航 同意書の持参が必要となります。渡航同意書の書式に決まりはなく自由形式ですが、英文で用意しなければなりません。諸事情(死別・離婚等)により親権者のうち、一方の記入が難しい場合は、 記入が可能ないずれか一方の親権者による渡航同意書と翻訳者による翻訳証明付きの戸籍謄本の英訳と戸籍謄本の原本をいつでも提出できるように準備する必要があります。

戸籍謄本の翻訳見本

全部事項証明の英訳 Certificate of all registered items
本籍の英訳 Legal domicile of the family
戸籍編成の英訳 Compilation of family register
氏の変更の英訳 Change of family name
戸籍に記録されている者の英訳 Registrant of this register
身分事項の英訳 Items regarding identity
婚姻の方式:オーストラリア連邦の方式の英訳 Formalities of marriage: Australian
受理日の英訳 Date of receipt
受理者:在ブリスベン総領事の英訳 Receiving authority: Consul-General of Japan in Brisbane

オーストラリア永住権:パートナービザ (サブクラス309/100) の申請サポート書類

  • 戸籍謄本(翻訳と翻訳証明)
  • 婚姻届受理証明書 (翻訳と翻訳証明)
  • 出生届受理証明書(翻訳と翻訳証明)
  • 離婚届受理証明書(翻訳と翻訳証明)
  • 外国人登録証明書、または在留カード(両面コピー)(翻訳と翻訳証明)

※英文翻訳の翻訳証明:オーストラリア在住の申請者は、オーストラリア公認翻訳者(NAATI)有資格翻訳者による翻訳証明書が必要となります。日本在住の申請者は、プロの翻訳者(有資格翻訳者)による認証印の押印、連絡先が明記してある翻訳証明書が必要となります。

【日本国内申請】戸籍謄本、婚姻届受理証明書、在留カードのプロの翻訳者(ATA)による翻訳

翻訳対象書類:戸籍謄本、婚姻届受理証明書、在留カード
国名:オーストラリア
申請用途:パートナービザ (サブクラス309/100)
翻訳料金:12,000円
翻訳証明書:1,500円 (ATA Corresponding Member認証付き)
PDF作成:500円
納期:13日間
送料(定形外郵便):300円
合計:14,300円(消費税込)
オーストラリア向けの翻訳証明書付き英語翻訳書類の構成
以下の3種の書類を綴じて1セットにし、各ページに署名・認証印、又は割り印を押印します。

1.翻訳証明書(ATA Corresponding Memberの認証)
2.英訳(ATA Corresponding Member)
3.戸籍謄本、婚姻届受理証明書、在留カードコピー

*各書類に署名押印し、3種の書類が一連の公式翻訳書類であることを証明します。
*オンライン提出用として認証付きの公式翻訳のPDFファイルをメール添付で送付することができます。

オーストラリア向け翻訳証明書
翻訳証明書の種別
料金
ATA翻訳者の認証(翻訳書類のセット1件につき) 1,500円
ATA+NAATI翻訳者の認証(翻訳対象書類1件につき) 6,500円

  • 翻訳代、送料は別途見積りにより算定します。(戸籍謄本の翻訳代は、3,500円~)
  • 通常納期:およそ2週間(郵送)/10日~12日(PDFファイル)
  • 納期短縮サービス:10日(郵送)/3日(PDFファイル) (NAATI有資格者の協力翻訳者は、複数の滞在地がありますので、NAATI認定証明付きの翻訳のご依頼は、納期短縮の調整が難しい時がありますので、ご依頼時にご確認ください。)
  • NAATI認定証明付きの翻訳をご依頼されるお客様へのお願い:リーガルトランスレーション栄古堂では、NAATI有資格者の協力翻訳者を手配する関係上、最短納期での申込後にキャンセルする場合、処理工程によっては翻訳証明書のキャンセル料が発生する場合がございます。あらかじめご了承ください。

翻訳認証受付

× ×

※年末年始は翻訳認証サービスをお休みさせて頂きます。

電話による対応 午前9:00〜12:30
電話による対応 午後2:30〜5:30
×:お休みですが、Email/FAXは受信します。

〒252-0816
神奈川県藤沢市遠藤746-24
TEL 0466-86-5901
FAX 0466-86-5902
kato@legal-translation.jp